最初が肝心!新入社員に伝えるべき3つのこと。

新入社員研修で取り入れるべきはマナーと常識

新入社員に伝えるべきことの1つ目はマナーでしょう。社会人になるとマナーが大事になります。ほとんどの社会人はマナーを当たり前のように考えているので、マナーができていないと目立ってしまうのです。マナーは学ばなければ身につかないので、新入社員研修でしっかり学ぶことが大事です。伝えるべきことの2つ目は常識でしょう。社会人になると常識的に考えることが当たり前になります。しかし、学生にはそのような常識が欠けている場合が多いです。常識が欠けたまま社会人になると大きなミスをしてしまいます。常識的に考えれば決してしないようなことを、常識がないからしてまうのです。そのようなミスがないように常識を最低限伝えることが大事です。

新入社員に一番伝えてほしいのは可愛がられること

新入社員に伝えるべきことの3つ目は可愛がられることです。新入社員は何も知らないのが当たり前なので、先輩に仕事を教えてもらう立場です。その先輩から嫌われてしまえば、仕事が学べなくなります。仕事が分からないと会社に行くのがつらくなり、結局はやめてしまうことにもなりかねません。そうならないように先輩から可愛がられることが大事です。先輩に媚びを売れというのではありません。先輩の行動を邪魔にならないようにつぶさに見ているようにするのです。邪魔をする後輩は先輩に嫌われるかもしれませんが、邪魔をしない後輩は先輩に嫌われにくいです。技術等を見て学ぶのであれば邪魔にはなりません。質問する場合は、時と場所を考えて質問するようにするといいでしょう。

© Copyright Creating Training Plans. All Rights Reserved.